TPS上達テクニックまとめ

TPS上達テクニックまとめ


TPS『スペックオプス ザライン』上達のコツ

 

こちらでは「SPEC OPS The Line」やその他のTPSゲームを楽しむ為の簡単なコツを紹介しています。

 

TPSを楽しむ為のポイント

 

3人称の視点を最大限に活用する

 

TPSゲームはFPSゲームとは違い後方からのカメラによって視界を確保しているので曲がり角などでのクリアリングの際に体をださずとも敵の有無を確認することが可能です。

 

この3人称の視点を巧みに使っていかに敵に姿を晒さずに相手を発見するかが重要となります。
FPSをしていた人がTPSをプレイするとかなり違和感を感じるのでまずは3人称の視点に慣れることからはじめましょう。

 

障害物を巧みに利用する

 

TPSでは障害物を如何に巧みに利用するかも重要です。

 

大抵のTPSでは障害物の近くでボタンを押せば張り付くことが出来き、射撃時には体の露出を最低限に押さえる事が出来ます。

 

銃撃戦の最中や敵を待ち伏せする際には積極的に使っていきましょう。
ですが、常に壁に張り付いていればいいというわけでもありません。

 

壁に張り付いている際には横や後方への警戒が薄れたり対応しずらくなるので、慣れてきたら今度は場面によって使い分けるようにしましょう。

 

カメラの感度は高めに設定しておく

 

3人称のカメラの視点移動のスピードは速ければ速いほど対応が早くなります。

 

初心者の人は慣れるまでは通常のスピードで構いませんが、徐々に感度を上げていきましょう。

 

フラグなどを積極的に使う

 

TPSでは敵は通常の銃撃戦はもちろん、障害物を利用して攻撃を仕掛けてくるのでその際にはフラグやフラッシュバンといったグレネード類が活躍します。

 

障害物を越えたところに投げ込むことで効率よく無力化できるので、初心者の人は積極的に使っていくようにしましょう。

 

特に今作ではフラグの致死範囲が広いのでマップごとに置かれている場所を覚えて近くに来た際は必ず回収するように。

 

(4個まで所持可能)

 

各所で最適な姿勢をとる

 

同じマップを繰り返しプレイして、構造などが分かってきたら今度は場面ごとに最適な場所で最適な姿勢で敵を迎え撃ったり攻めたりすることを心がけるようにしましょう。

 

TPSやFPSではエイム技術の差やミスも影響してきますが、大抵は敵と相対した時点で既に勝負は決まっています。

 

戦況ごとに一番有効なルートを選んで攻める

 

「スペックオプス:ザ・ライン」では兵科ごとに付近の味方の各種ステータスを向上させるので味方と固まって動くことでポテンシャルを最大限に発揮できます。

 

ですがTPSでは常に味方全員で固まって移動するのが最良というわけではありません。

 

状況によっては自分含めた少数で別のルートから攻めて敵を叩くというもの大事です。
敵や味方が一箇所に集中すればするほど有効です。

 

その為には同じマップを何度もプレイして目的の場所に行く為にルートをしっかりと把握しておく必要があります。


まずは『チームハント』で兵科は『ガンナー』から

 

まずはオーソドックスなチームハントで先輩プレイヤーや敵の動きをしっかりと見てマップを覚えつつ雰囲気を体で感じましょう。

 

やられたらキルカメラが出てくるので(敵のパークによっては見れない)そこで敵がいる地点などを把握して

 

「こんな場所にいるのか・・・。次は倒してやる!」

 

「覚えておいて自分も近くに来た時は利用してみよう」

 

といったように次のプレイに繋げていきます。

 

基本的にこういったアクションゲームでは仲間の動きをよく見て、そして敵にやられながら覚えていくのが一番手っ取り早く上達できます

 

自分が敵に察知される状況を理解しておく

 

『スペック・オプス・ザライン』で敵にミニマップなどで接近を察知される状況は以下

 

  • ダッシュをする(パークなどでかく乱・無効化可能)
  • 発砲する(パークなどでかく乱・無効化可能)
  • リロードやロープを使用したときや足音などの音

 

一番下はともかく初心者は最低でもレベルを上げて取れるパークを使わなければダッシュをしたり発砲したときに近くにいる敵のミニマップに映ってしまうということをしっかりと分かっておく必要があります。

 

特に初心者の人はとにかく闇雲にダッシュする→敵にばれる→待ち伏せされて倒されるというパターンが非常に多いです。

 

敵が近くにいるときはなるべくばれないようにするのは非常に大事な事です。

 

またミニマップにはこういった重要な情報がたくさん出てくるので小まめにチェックして倒される側ではなく倒す側になれるように頑張ってください。

 

このゲームはサブマシンガンが強い

 

このゲームは『Vector』や『P90』といったサブマシンガンが非常に強力です。

 

その理由はまずサブマシンガンの特性にあります。

 

このゲームではアーマーなどで防御力を上げることが出来るので基本的にレベルが上がって解除されたら装備したほうが絶対有利なのですが、そうすると移動速度が下がります。

 

ですがサブマシンガンならアサルトライフルよりも軽い為移動速度低下のデメリットを和らげることが出来ます。

 

(ちなみに武器ではヘビーが一番重くて通常の移動速度がかなり下がる)

 

さらにサブマシンガンは移動しながら射撃をしてもほとんど命中率が低下しないのでサブマシンガンを持ちながら前線で動き回って戦うのが単純ですが一番強いです

 

もちろんアサルトライフルに比べて威力は低いですがP90は50発という装弾数、そしてVectorは他の武器に比べて圧倒的に早いレート(発射速度)によってそのデメリットをカバーしてくれています。

 

また長距離でも威力が落ちるだけで弾道落下などの悪影響がないのでよほど離れていない限りヘッドショットで対応が可能です。

 

そういった点から手っ取り早くスコアを稼いでレベルを上げていきたいならガンナーでサブマシンガンを使用することをオススメします。

 

最終的にはレベルがものをいう

 

このゲームでは『レベル』で勝敗がほぼ決します。

 

もちろんエイムや立ち回りである程度の差は埋められますが同じ実力を持ったもの同士ならレベルが高くより強い武器やアーマーを装備しているほうが基本的に有利です。

 

特にレベルを最高の45まで上げて行える『再入隊』をしているかしていないかでは大きな差が生じますので諦めずにプレイしてレベルを上げていきましょう。

 

逆に言えばスキルが追いついていなくてもレベルさえしっかりと上げていれば活躍することが出来ます。

 

 

 

『スペックオプスザライン』で活躍するモニター・ヘッドホン

 




関連コンテンツ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 実績解除のコツ 機密情報まとめ マルチで活躍するには サイトについて